魂太郎三国志遺跡の1人旅2nd!!
その他の旅行記はコチラ。
1人旅1st
1人旅3rd
1人旅4th
1人旅5th
中国旅行者に聞く100の質問




…と言う事でまずは最初に通ったルート、訪ねた遺跡等をルート順に書いて行きましょう。
左が地名、右が遺跡名です。遺跡名にカーソルを持って行くと簡単な説明がステータスバーに表示されます。

地名遺跡名
馬鞍山
・朱然墓
九江
・煙水亭
陽新
 
富池
・甘寧公園
・甘寧墓
・甘寧像
・甘寧提督像
・甘寧寺
陽新

黄石
 
漢口

荊門

(荊州)沙市
→↑(右の段の上へ)
・荊州城
・荊州三國公園
・関羽括骨毒癒処
・関帝廟
・荊州博物館
地名遺跡名
宜昌

洛陽
・関林
許昌
華侘墓
馬騰墓
洛陽

商丘
 
亳州
・駅前曹操像
・曹操一族公園
・三國欖勝宮
・曹操像
・華祖庵
・華侘像
・曹操運兵道
上海 


って事で日記本文に行きたいと思います〜。



 
8/20(月)
題名:ムシとの格闘(T_T)

 AM5:45に出発。地下鉄は動いて居るかワカランし遅れて乗り過ごすのもアホなのでタクを使う。…が!!上海駅に到着したらAM6:10…今回は早過ぎた('^^;)。でもって待合室でボーッとしていたら発車の40分位前から列が出来始めた。ので、とりあえず並ぶ。

 で、火車に乗ったら2階建ての上下に分かれていた火車だった…('^^;)。…上下に分かれていたので席間違いを指定される('^^;)。で、やっと自分の席に座ったと思ったら…よ?よよ??何やらチャリをバラして火車に乗って来る人が…。姿から見て韓国人か日本人かと思ったら、上海の人らしい…。で、オイラは火車が止まったら起き、動いたら寝る…('^^;)。…しかしバラしたチャリで火車に乗ってドコに行くンだろう…。まさかチャリで帰るのかナァ…。なんて思っていたら既に目的場所の「馬鞍山」へ。オイラは降りる…って、そのチャリの人も降りたけど…火車で4時間も掛かって来たのに…('^^;)。

 で、「馬鞍山」に到着したのがAM11:15。最初に地図を買おうとしたら、最初の目的地に行く13号のバスが…って事で地図を買わずにそのままバスに乗ってしまう(笑)。バスの最終駅が目的地「朱然墓」に近いらしいので、最終駅で降りて聞き込みながら歩くと…意外とアッサリ発見('^^;)。

 で、道の標識の「朱然路」を写真(左画像)。で、そのまま奥へ行って「朱然墓」に入ろうとチケットを買おうとしたら…「PM2:00からだよ」と。今AM12:00…2時間どうしよう…って事でとりあえず墓の前で張り込みをしてとりあえず日記を書く。で、AM12:20に書き終えて…今後の移動を考える。…やっぱり地図を売っているかどうかを見て来なかったのは失敗だったなぁ…(T_T)。で、やっとPM1:00。とりあえず正門を写真。で、料金を確かめると…5元って書いてあるのが7元になってる…('--;)。しかも!!開放時間、午前中がAM12:30まで!!入れたンじゃね〜か(メ--)凸!!…今度はキチンと見ておこう…(T_T)。で、やっとPM2:00近くになってチケットが買えたので買う。

 ついでにパンフも売っていたので買い、いざ中へ。色々な資料と共に戦時の武器や兵器も展示してあった。で、奥に銅鑼を鳴らす為の建物があったのでソコに登って写真を取る(墓の中写真禁止なので)。で、その横には呉の武将「朱然」が主に行動したのが絵と文章で説明書きされていた。…結構朱然って功を立ててるんだネェ…。で、今回メインの「朱然墓」は建物ごと工事中で見れなかった…残念(T_T)。

 って事で30分で見回って朱然墓を出てバスで駅に戻る。で、駅で地図を買って地図を見る。…?!船着場がある!!で、問題は次の目的場所は…「九江」!予定ではココから船で下るか一旦南京に戻るかして船に乗るつもりだったので…。で、地図に出航時間が載っていたので確認すると…PM16:40。乗れる!って事で船着場まで行こうとするが…バスルートが無い…仕方なくタクで船着場まで行く。

 さて、船着場にはPM3:30頃に到着。…が、チケットが売ってない…。売り場が閉まってる…。もう閉まったのか!?と思って横の部屋でたむろしてる中国人達に聞いてみると…「PM4:00!!」と言う。…それだけじゃPM4:00に到着するのかPM4:00に切符売り出すのか全くワカランじゃねーか…。まあ、PM4:00に切符が売り出されるンだろうなぁ…と思ってジュースを買う。思えばコレが昼飯(笑)。

 さてPM4:00になって中国人達が並び出したので並ぶが…切符売り場が開かない!!一番先頭の中国人が文句を言いに行くとやっと開く。…と言うか言いに行くまでくつろいでやがった…仕事してる自覚0だなマッタク…。で、やっと切符が売り始めてオイラの番。「九江まで2等で1枚!」と言うと、「船の番号は?」と聞いて来る。…まるっきり火車と一緒かいな…。とりあえず「すぐ来る奴!!」と強引に押し通す(笑)。結局渡されたチケットは「自由席(無座と一緒)」だった(T_T)。しかも2枚(/_T)。で、ナンか慣れたつもりでいたが突き返さずに移動してしまった…あぁ…元のヨワヨワに戻ってる…(T_T)。まあ大した費用でもなかったけど…。で、船の乗り場でPM4:40着の船を待つが…全然来ない…。みんな立ちっぱなしナンですけど…(T_T)。で、やっと来たかと思えばPM5:10。って、オイ30分も立ってたのかよ…(T_T)。

 で、ようやく船に乗り込む。…でも無座だからなぁ…と思ってとりあえず船の後の甲板に落ち着く。で、ソコで寝たり起きたりの繰り返し。…硬い地面で寝たり起きたりしていたので船下りてからしばらくするまで尾骨がメチャメチャ痛かった…(T_T)。しかも周り中国人だらけで全然日記書けないし(T_T)。夜皆が寝静まった頃に書くか…。で、PM7:00。周囲の中国人達がカップ麺を食っている。…そういや今日って寮出る前のふかしカップ麺しか食ってないナァ…。と言っても緊張してるのか全然腹も空いてないし。…明日の朝に食うか、って事でPM8:00頃にバッグパックを枕に横になる。…って、蛾が30匹以上たむろしてるジャネーカ( ̄□ ̄; )!!って、蛾だけじゃない!デカイ(便所)コオロギまで!!で、なんか近くに寄ってきたナァ…と思って見ていた矢先!コッチ向かって飛んで来てオイラの頬に激突!!思わず「オワッ!!」と叫んでしまったよ(笑)。とりあえずコオロギだけは追っ払って再び横になる。…で、PM11:00頃にふと目を覚ますと…目の前にネズミが!!飛び起きる('@o@;)。で、起きたはイイが…頭がイタイ…。船の揺れにやられたらしいなぁ…。って事で起きて周囲を見たら中国人達が寝ていたので日記を書く。で、PM11:15頃に書き終え、虫と戦いながら1日を過ごしました…。

教訓:地図は何よりも先にGETしよう!



 
8/21(火)
題名:航海日記(嘘)

 その虫(主にコオロギ)のせいで寝たり起きたり。まあAM6:00まで適当に睡眠が取れたので、起きて朝飯に持参のカップめんをふかして食う。で、その後は少し中国人達が減ったので寝やすい状況になったので再び寝る…。

 で、AM9:00起床。見渡すと中国人誰も居ない…何故だ!?と思ったのもすぐにワカッタ。…日が当たって暑い!!ムチャクチャ暑い!!オイラも汗ダクで起きてるし('^^;)。で、とりあえず人が居ないので日記を書く。で、昼を越えるとまた日陰になって来たのでまた寝る。

 で、PM1:00頃に起こされる。誰かと思えば知らない中国人。ナンジャ寝てる時に…と思えば「オレの湿布知らん?」と。最初はオイラのかと思っていたけど、他人のモンを懸命になって探す人ってあんまり居ないでしょ…(笑)。って事で彼が行ってしまった後で自分の湿布を確認(笑)。…気にしないで寝るか(笑)って事で寝ようとするが…寝れん('^^;)!!って事で起きてボーッとする。

 PM2:30頃に九江の2つ前で昨日話し掛けてくれた若い中国人がスイカを丸ごと1つ買って来ていた。彼の昼飯なんだろう…。で、彼が美味しそうに食っていたのを見ている。オイラの方は朝メシだけでとりあえず船はやり過ごす事に決めたのでずっと見ていた…ら、なんか少しスイカを分けてくれた!!(ココに書いても意味無いが)ありがとう!!で、スイカを素手でガツガツ食う。…どうやらオイラが船乗ってから何も食ってないのを見ていたらしい…('^^;ゞ。で、とりあえず腹は膨れた!ただ…よく降って来る墨みたいなの(蛾の糞?)がスイカに…(T_T)。まあ、関係なく食っていたけど(笑)。

 で、途中スイカをくれた人が「アンタどこの人?」と聞いて来たので、「韓国人」と名乗る。「日本人」と名乗ると「首相が〜〜」と巻き込まれるので…ってゆーか余計な事すんな小泉首○〜(;_;)!!って事でとりあえず表面ながら何とか韓国人を取り繕う。…って、また「九江」って韓国語でドウ書くの?と言われた…が、よくよく考えたら韓国にも漢字あるんだっけ…って事で「同じだよ」と答えると、
「なんて読むの?」と聞かれた(T_T=T_T)。
で、なんか勝手に話題が変わったのでとりあえずその場は免れるA'^^;)。

 その後少し寝て…PM6:00になってもまだ九江に到着しない…。少し腹も減ったので売店へ行ってコーラでも飲むか…と思ってコーラを買うが…ペットボトルには「可楽」と。正式名称は「可口可楽」。
…ニセモノか〜い(;_;)!!
とりあえず飲んでみたが…不味かった(T_T)。
それ以外は結局到着するPM8:30頃までず〜っと座りっぱなしだった。

 で、やっと九江に到着!だが、もう観光どころの時間じゃない…。宿を探さないと…とスイカをくれたニーチャンと一緒に船着場を出たら、宿を取るまで居てくれるらしい…今回の旅の「良い人」でした。で、うちら2人にしぶとく付きまとう宿のオバチャンが。結局そのオバチャンに任せて宿を取る。で、宿の手続きはやるから〜と思ったけど部屋に入るまでは居てくれる。…結局チェックインの状態の時に日本人とバレル…。ニーチャンショックだろうなぁ…m(_ _)m。で、部屋に一旦荷物を置いてからお礼を言おうと思ってロビーへ戻ると…既に居なかった…。仕事が済んだらとっとと消える…なんかちょっとカッコイイと思ってしまった…。

 もう地図は明日GETするとしてホテル内の食堂へ。で、6元の炒飯を注文してゆっくりと食う。…船とかだったから気持ち悪いのか、余り入らない…。で、じゃあ部屋に帰るか〜と思って会計をして貰うと…え?10元支払って8元のお釣り!?…まあいいや、儲かった(笑)。で、部屋に帰ってから日記を書いて、PM10:30頃に寝ました…。

 オイラはこの日以降、船でしか行けない所以外は船を使うのをやめる決心をしました(笑)。

教訓:中国の飲み物は偽物が多い。コカコーラで3種の偽物があるので注意!!



 
8/22(水)
題名:バスでの事故

 起きたらAM5:15。船の甲板で寝起きしていたせいもあって座っていると尾骨に痛みが…。まあとりあえずフロに入る。で、昨日若い中国人に「頭に巻いたタオルと破れてるズボンはホントに奇怪だから止めて置け〜」と言われたので、どれだけ差があるのかを試しにやってみる。って事で持って来て居たズボン(しかも軍パン)に履き替える。で、水の補給と獲るもん獲って(笑)AM6:45に出発。で、最初の目的地「煙水亭」を探す…前に地図を探す。で、フロントにドコに地図売ってるか聞いて見たら…ホテル備え付けの小売部に置いてあった('^^;)。って事で購入して「煙水亭」の場所を探す…って、ホテルのすぐ近くだったんジャン(笑)。

 って事でとりあえずその「煙水亭」へ行く。…開門時間AM8:00…('^^;)。とりあえず1時間近くあるので、次の目的場へ行くバスターミナルを探す。で、近くにあるバスターミナルを当たるが…無かった(T_T)。で、他の所も当たろうかと思ったが既にAM8:00を回っていたのでとりあえず最初の目的地「煙水亭」へ。ココは周瑜が水軍の練習場として使ったらしいけど、それ以上にココには既に無くなっている孫策の墓の写真が唯一現存している所で密かに有名らしい。って事でココに行かない訳には行くまい!って事で中に入っていって早速その周瑜の指揮を取った所と、孫策の墓の写真を写真。写真撮ってイイのかワカランかったけど(爆)。
後日談になるのだが、孫策のお墓の写真を写真したのを現像してみたら…真っ暗になっていた。…死に方が死に方だけに、本格的に呪われてる可能性が…。('・・;)

 さて、コレで九江は完了だ。って事で次の目的地のバスを探さないと…って事でまだ行っていないバスターミナルへ行く。…ソコにもバスが無かったが、ソコで「陽新」行きのバスがドコにあるのか聞いて見たら、火車の駅へ行け…と言われたのでとりあえずその直接火車駅に行くバスを教えて貰ってソレに乗って火車駅へ。で、火車駅でバスを降りたら早速バイタクの運ちゃんに声を掛けられる。で、そのバイタクの運ちゃんに聞いたら…ココじゃなくて途中で通って来たバスターミナルにあるよと…(T_T)。って事でそのバイタクに乗らないで(教えて貰っておきながら(笑))また同じルートを通るバスへ乗ってバスターミナルへ('・・;)。

 で、とっととバスターミナルで「陽新」行きの切符をGET!!で、トイレ等に行ったりして時間を潰して10分前にバスに乗り込んだら…人が一杯!!もう座れないな…(T_T)と思っていたら中国人のオヤジが席にバッグを置いていた…。まあ確かにオイラもやるけどさ(しかも言われるまで(笑))。とりあえず安心して荷を荷台に乗せて席に戻ると…さっきのオヤジが居ない。で、通路を挟んで向かいのオヤジがコッチに座って来た。そこにさっきのオヤジが戻って来ると…争論になった('^^;)。…別に座れれば問題ないのに…なんて思っていたらその戻って来たオヤジ、
今度は関係無いオイラに向かって席を代われと言い出すジャネーカ!!何でオイラに言うんだよ!!って事でオイラも動かない(笑)。で、そこに集金のネーチャンが来たので「アッチアッチ」と言って指を指すと…また争論になる(笑)。結局戻って来たオヤジは別の席に行ってしまったらしい(笑)。

 やっと落ち着いて座れる…と思って前を見ると、前の席のネーチャン、ヒマワリの種を食いながら外に殻を捨てていたのに出発前から気が付いていた。で、『さ〜てバスも出発した事だし少し寝るか〜』なんて思っていた矢先、何かが「ビシッ」と顔に当たった。何かと思えば…ヒマワリの殻!前の席のネーチャンが外に捨ててるつもりなんだろうけど風圧でコッチに戻って来る…('^^;)。まあ結構早めにヒマワリの種が無くなったらしい。次に何があるのかな〜と思って見ていたら…バナナが出て来た。…ってゆーか、バナナは腐るから先に食うべきでは(笑)?で、半分だけ食っては外に捨ててる…。腐ったのかな?だから先に食えばいいって言ったのに…(言ってない)。で、なんかしばらく乗っていたら貧乏人(?)らしい中国人おじいさん1人を皆で色々と説明していたようだった。しかもニヤケながら
…醜い。醜いよ中国人…。

で、結局そのおじいさんは途中で降りていったが…しばらくしたらなんか又騒いでるぞ…。で、ソコに集金のネーチャンが来て混ざって話していたら…途中バスの運転手も交えて30分以上もバスを停めて外で口論していた…。今日は特に時間が欲しいのに…とキレそうになる('^^;)。で、結局何故か公安が来て解決はしたらしいケド…一体何だったんだろ??って事でやっと出発。

 やっと陽新へ到着。AM12:45…とりあえず次の目的地のある「富池」行きのバスチケットを買う。で、ついでにココから一気に武漢に行くバスの最終時刻を確認。…PM4:00か。コレまでに戻って来れるかが今日の到達点の分かれ目だな…。最悪の場合はココ陽新で一泊となる。別に問題無いンだけどさ(笑)。さて、昼飯にするか〜。今口内炎があるから果物食ってビタミン取らないと…って事でバナナを探す…発見したにはしたけど…9本は多いな〜('^_^;)。でも1房でしか売ってくれないからナァ…一番少ないので9本…泣く泣くそのバナナを購入。…でも結局5本でお腹一杯になって4本は残しているうちに腐ってしまったので捨てました(T_T)。
 で、「富池」行きバスは20分毎に1本出ているらしい。で、オイラのチケットはPM1:20発。でも今はまだAM12:55…って事はPM1:00のバスがある、って事だ。…って事でバス乗り場に入って「富池」行きのバスを探し出してPM1:00のバスに乗れて出発v(^^)!!

 …富池まで道は全然良くなかった。バスの中で何度勝手にシートの上で飛び跳ねた事やら('^^;)。バスの外は畑を焼いて農業する「焼畑農業」が。ソレ畑に良くないのは…当然知らないだろうね('^^;)。とりあえず外は煙で中はジャンプ台(爆)。富池までの道のりはなかなか別の意味で楽しめた(爆)。

 さて、PM2:20頃に富池に到着。結構時間掛かったナァ…と思って計算すると…見て回る時間が20分しかない…今日は武漢行きはダメだな(T_T)。で、その富池に到着すると…まだバスが駐車場に停車してないのにバイタク共がワラワラ寄って来る。コバンザメの様に(笑)。って事でとりあえず富池にある「甘寧公園」へ。最初はタクを使って距離と道を計る。…と言ってもタク代3元だったのでまあ大した距離じゃ無いンだろうな…と。で、乗って道を覚える。そして…目的地「甘寧公園」に到着!で、降りて3元支払ったら「ココで待とうか?」と。別に道は覚えたし逃げられても問題無いか。武漢行きは逃したけど武漢になるべく近づくようにしたいし。って事で待って貰うように言う。が、オイラが門へ入って行って見えなくなったらエンジン音が。『あ〜やっぱり(笑)』と思いながら先に進む。

 で、最初に何やら池らしきモン(ほとんど乾いていたが)の中に龍像が2つ。…コレが一体ナニを表しているのか全くワカラズ先へ。で、先に進むと甘寧の提督像が!!お祈りをして写真。で、更に奥へ。…お寺らしきモンが見える!と思って先に進むとお墓が!!でも先に寺に寄る事にする。息を切らしながら中へ。中には3つの像と、扇風機の真下で涼んでいるオバチャン達4〜5人ほどが居た。で、そのオバアチャン達、「ここで涼んで行きなさい」と言ってくれたが断る。で、像をマジマジと見るのだが…なんかあんまり甘寧っぽくないネェ…('^^;)。しかも両側の方達は一体どちら様('^^;)?って事でその寺を後にする。で、メイン(?)のお墓へ。お墓周りはどっかの神殿みたいに石柱がいくつか立っていてその奥にお墓が。なんか立派に見える。で、石碑の後にお墓があるがそのお墓の上にひょっこり縦1b位の小さい甘寧像が。…しかし作りはキチンとしていて目がキチンとある。ホントに生きているような感じだった。…甘寧の魂入ってるのかも(笑)。で、その像を写真。墓の大きさは他の将の墓と変わらなかった。って事でお祈りして墓と石碑が一緒に写るように写真。で、その墓の隣りに何やら門っぽいモンが。その上には「桂園」と書かれていた。中は草ボーボー('^^;)。何かあるのかな?と思って踏み込もうとすると、さっき寺に居たオバアチャン集団が寺の脇から珍しそうにコッチみていたので、「中に何かあるの〜?」と聞いてみたら「何も無いよ〜」と…。確かに何かあるようならこんなに草ボーボーじゃ無いか(笑)。って事で甘寧公園を後にする。

 公園の入り口には待たせたタクシーは当然居ない。って事で来た道を辿って帰る。…途中タクが居て話し掛けてきてバスターミナルまで2元でイイと言うので乗せて貰う。で、バスターミナルで帰りのバスを探すのだが…イッパイあってドレだかワカラン('^^;)。って事で待つこと10分、やっとバスが動き出す。って事で乗り込んで出発!!…と思ったら前に同じ行き先のバスが…。運ちゃんが横を抜けようと一旦バックすると…前のバスもバックする。…って、邪魔してるんか〜!!って事で運ちゃん前のバスの運転手の所へ行くも解決せず。バスの乗員達オロオロ('^^;)。で、そのまま解決しないで20分後、次の時間帯のバスが動いたのでごぞって皆そのバスに乗り込んでその2台のバスの横を通り過ぎようとする。半分位入ったのでもう動かせないだろ…と思いながら見ていたら…その妨害してる前にあるバスの運転手が
運転席専用ドアを開けて通行妨害(笑)。
だが、同じ仕事の人間にバスの中でメチャメチャどやされて、他の人がドアを閉めた。…やっと帰れる!…ってゆーか時間が要る時に20分も使わせるなよ…(T_T)。

 で、陽新のバスターミナルに到着した時はPM5:05。バス無くなっちゃったよ…(T_T)。と思って宿探しの準備をしようと思ったら…ン?まだ動いてるバスがあるぞ…と思って行き先を確認すると…「黄石」。丁度ココ陽新と武漢との真ん中にある所だ。で、コレ動いてるのか聞いたらPM5:10発!!コレもっけの幸いと乗り込む(笑)。で、黄石の市街地にPM7:10到着。今日はもうココから動けないな…と思って宿を探す。バスターミナル目の前のホテルっぽい所に行ってみたら1部屋60元…。店の規模からして3桁位行く宿だと思っていたが、以外に安かったのでココで1泊する。手続きをして部屋で少しくつろぐ。…が、蛇口からもシャワーからも水が出ない…。でも何故かお湯が丁度イイ温度で出る…謎('^^;)。まあお湯出るなら問題無いか…って事でメシを食いに外へ。

 で、近くの適当な店に入る。で、ソノ店には炒飯が無かったので仕方なく麻婆豆腐にご飯を注文。で、注文した後で麻婆豆腐がアレコレ言って来た。最初はワカラナカッタが『ロ乞完了』と言っていたのにやっと気が付いた。で変わりに「家常茄子」と言うのを注文。で、出て来たらナスとピーマンの辛炒め。なんかこーゆーの久しぶりに食うナァ…と思いながらご飯を一口。…不味い…と言うか、腐ってるだろ…。まあでもナス炒めがあったのでそこそこ食えた。…明日お腹大丈夫かなぁ…ピーマン生だったし(爆)。って事で店を出て宿に戻って日記に2時間半を費やしてから、今後の移動予定を立ててPM11:00頃に寝ました…。

 
教訓:バスはトラブル等もあって到着時間が不定なので臨機応変に。



 
8/23(木)
題名:今回最大の間違い…

 目が覚めたらAM4:45。今日はバス移動の日だし、少し早めに起きる。どーせバスの中で寝れるし(笑)。で、シャワーを浴びに行くと…浴槽がアリンコまみれ!!ナンダコレハ!!っと思ったが、冷静にシャワーで洗い流す(アリさんゴメンなさい)。で、シャワーを浴びる。してAM5:45に部屋を出る事にする。どーせ15分位時間掛かるだろうし。で、目の前のバスターミナルで武漢行きの切符を買う。発車はAM6:10。少し時間があるので朝飯を選ぶ。…ビスケットがあった。が、オイラは甘くて硬い食い物は好んで食わないからなぁ…。と思ったけどマトモなモンが無かったのでチョコビスケットを買ってバスを探す。…しかし、バスが見当らない…。ドコにあるのかを聞いてみたら…「外の入り口」と('^^;)。って事で乗り込んでビスケットを少しずつ食いながら発車時刻を待つ。で、AM6:10になったので武漢に向けて出発!

 で、2時間足らずで武漢(漢口)に到着。…この前使ったバスターミナルと違うナァ…まあイイや…って事で続いて「荊門」行きのバスがあるかどうか聞いたら…ある!って事で何やらアレコレ言っていたけど(聞き取れなかった)買うと…72元。高いヨ〜(T_T)…と思ってバスに行って見ると…空調付き且つVCDあって内装キレイなホントに日本の空港直通バスみたいな感じだった。…値段高いの納得('^^;)。って事で荷物を荷台に入れて貰ってから乗り込んでAM8:10に出発!!バスガイドまで居る!!ガイドしないのに(爆)。で、中では何やら中国の映画をVCDでやっていた。最初は寝たり起きたりしていたけど、後半はそのVCDを見ていた。なかなか人間離れしたVCDだったので(爆)。

 そしてやっと荊門にAM12:30頃到着!!じゃあ観光行きますか!!…って事で地図を買って見てみる。…オカシイ…荊州城が書いてない所か観光名所の欄にも書いていない…。まさか…資料を写し間違えたのか!?と思ってタクシーにまず「関帝廟ってドコ?」と聞くと、「あ〜この地図の北の方」と。…じゃあ博物館はあるか?と思ってバイタクに乗って博物館に行く事に。…最初5元と言っていたが4元に負けさせて行って貰う。で、博物館に着いたら「遠かっただろ?」と言って来る。オイラは答えずに5元を渡してお釣り1元を待つ。…で、全然お釣り出す様子も無いので「1元!」と請求すると何やらベラベラ言って来た。って事で5元を返して貰って4元ピッタリ支払って(笑)とっとと降りたら…後で文句(だと思う)言いながらどっかに行ってしまった…(笑)。

 …で、周囲を確認。…ココがホントに博物館?!…確かに『博物館』と書いてあるが('^^;)。今は昼時なので閉まっているが…。ホントにココかいな??って事でまたタクシーを捕まえて「荊州城まで」と言うと「あんな遠い所まで!?」と驚かれる。で、「荊州城って荊州(沙市)にあるの?」と聞いたら「そうだ」と…。この時すべてを悟った…。
間違えた所に来てしまった…(T_T)。

って事で後の対策を練る。旅行して4日目。資金はまあ有る。旅行期限は14日間。…行き先変更しても大丈夫だろ!って事来た道を引き返す事を決意。タクに乗ってさっきのバスターミナルへ。で、丁度荊州(沙市)行きのバスが出る所だったので乗り込む。で、お金を支払っていざ沙市へ!

 …バス内では自分で間違っておいてブルーになる(笑)。で、3時間掛掛かって荊州(沙市)へ。…来る時は2時間で来れたのに…(T_T)。で、バス内で客がドンドン降りて行き、オイラが最後に残される。「アンタはドコ行くの?」と聞かれたので「バスターミナル」と言うと途中で降ろされて「アッチの方に行くとあるよ」と…。仕方なく指された方向へ歩いて行く。バスターミナルの場所を聞きながら歩いて行くと「荊州城」が見えて来た!!って事でバスターミナルの事は忘れて写真(笑)。
 で中へ入って行く。城の中に街がある感じだ。あんまり城に入ったイメージ無い(笑)。で、またバスターミナルの場所を聞きながら歩いて行くと…あった!!って事で中に入って行き先を見る。よし、さっきの「荊門」も始発駅の「宜昌」もあるな。じゃあ今日はこの近くで宿を取って行動だ。…って事で向かいのホテルに1泊泊まろうとする。が、外国人と解ると宿泊を拒否された。宿泊拒否を初めてされたけど…ホントに拒否するんだな〜(笑)。って事でバスターミナルの隣りにある招待所で宿を取る。で、身分証に日本の免許を見せたら…一発でバレた(笑)。…今後は留学先の学生証を出すか…。実家に迷惑かかるかもしれないし。で、その後やっぱり色々と聞いて来た。日本のドコに住んでいるとか、何しにココに来たとか、挙句の果てには彼女は居るのか?とか…。
大きなお世話だ〜〜(/oT)!!
実はかなり痛かった(爆)。

 さて、宿に荷物を置いて軽くして、行ける所は今日の内に行っておこう。って事で最初はバスに乗って「荊州三國公園」へ。聞いた話では入場無料だったのに入場料1元取られた…セコイ(笑)。で、門をくぐってすぐの所にある劉備3兄弟の像が。写真。で、中を歩くが…他は三國志系のモンは全く無かった。って事で次に「荊州博物館」へ。時間はPM5:15。もう閉まってるだろ…と思って行って見るとまだ開いていた。でも後45分で閉館らしいのでココは明日に回す事にして次へ。次は病院内にある関羽と華侘の治療中の像を。その病院らしき所へズケズケと入って行く。で、中庭にその像が!!…と言うか、よく見付けたよねコンナ所のモンを…('^^;)。って事で写真を撮って次へ。次は日本にもある「関帝廟」へ。…中には関羽・周倉・関平の像があり、その奥には劉備3兄弟の像が。で、その時にチケットを見たのだが、「一元」と書いてあった。…入るのに2元と言われ支払いました。
曲がった稼ぎ方させてそれでイイのか関羽〜(T_T)。


 コレで見る所は全て見た。明日博物館にAM8:00に行って、荊州を出て夜には「洛陽」に向かう。…ココで1つ問題が出て来る。次の目的地「洛陽」へはバスで行けるほど近くないので、火車しかない。で、ココ荊州(沙市)からは火車が通ってない…。ので、荊門に戻るか、宜昌へ行くか…。宜昌へ行けば始発に乗れるので席の確保率は格段に上がる。しかしバスがトラブって火車に間に合わないと高い高いホテル代が待っている。宜昌は外国人チェックが厳しいので招待所に泊まるのは難しいらしい…。荊門に行けばホテル代金も招待所もあるが、電車の席が確実に無座…。無座の地獄は前回の旅で味わっているのでなるべくなら避けて通りたい…。少し高くなって少々バクチになるけど確実に席を取るか、トラブルを考えて身体に支障が来るけど安全に行くか…まあ、明日の出発までに考えるか…。って事で歩いて宿まで戻る。

 で、戻る時にメシを食おうと、宿の近くの食堂に入る。今日は麻婆豆腐とご飯を注文。で、出て来たら…
直径15p位のお碗に盛られたご飯と2人前はある麻婆豆腐…。
コレ、いくらになるんだろう…('^^;)。と思いながらメシを食う。ご飯は食い尽くしたが、麻婆豆腐は辛苦くて黒い小さな丸いモンあった。コレが原因で麻婆豆腐は食い切れなかった('^^;)。で、食い終わって精算して貰う。…気になる値段だったが、
5元で済んだ。さすがに大都市じゃない所は安い('^^;)!!。

 そして宿に帰ってからは…今着てる服の洗濯をば!とりあえず洗濯出来そうなのって招待所じゃないと出来ないし(笑)。って事で前の旅で取って来た(笑)小さな容器(丁度目薬の瓶みたいな)に入れて用意していた洗剤を使って給湯室でジャブジャブ洗って部屋に干す。…なんか結構汚れてて黒〜い水が出るナァ…('^^;)。まあ靴下は確かに汚いけど(笑)。で、その後水の補給をしながらPM10:45までTV見ながら日記をつける。…TV放送が途中で終わってしまったので(爆)TVを消してPM11:00に寝ました。明日は少し遅くてイイんだ…楽ですな。

教訓:資料はキチンと確認しよう。もし不安な所があれば知ってる人に聞いたりしてシッカリとした情報をGETしよう。



 
8/24(金)
題名:座っていても辛い中国の火車

 AM5:00起床…習慣ですな(笑)。って事でもう一度寝る。で、次にAM7:00に起床。洗った服は既に乾いていたのでたたんでバッグパックにしまい、荷物の準備をしてAM7:30。で、15分間だけ日記を書いてAM7:45にバスに乗って博物館へ。

 で、丁度AM8:00頃に「荊州博物館」に到着。チケット代15元払って中に入って色々と見て回る。…人が全然居ないけど(笑)。で、中に展示されているモンは陶器系だった。特に興味は無かったが、陶器系のモンが結構キレイな状態で保存されていた。特に漆の陶器は凄くキレイなまんま残っていた。…上から塗ったンじゃないの?と思ったケド(笑)。で、次の展示室は掘り起こされたミイラが。しかも、ミイラをそのまんま手術して内臓等を取り出して、そのミイラとミイラの横に取り出した内臓を展示していた。…日本じゃ考えられないグロテスクなモンを展示してあるんだねぇ…('・・;)。さて、展示物は全て見終わったけど…結局三國志関連モノは?と思って歩いていたら、何やら扉が閉まっていた寺らしきモンが。鍵が掛かっていて中には入れなかったけど、扉の隙間から中を覗いて見ると…『劉備〜〜、張飛〜〜』と書いてある看板らしきモンが。…ってゆーか開館してるならドア開けてよ〜(T_T)。閉まっているので仕方なく先に進むと、関羽の銅像が。写真をするが…木が周囲に紛れていてなかなか写真取り辛かった('^^;)。それ以外のモンは無かったので、博物館を出る。

 で、バスターミナルへ。今朝、ケガは今後の行動に支障を来たすと判断して宜昌に行く事を決め、宜昌行きの切符を買う。その切符を買った後に朝飯を探す。お馴染みの冷麺を持ち帰りで買い、そのまま宜昌行きのバスに先に乗り込んでその冷麺を食う。…で、バスの出発時間のAM10:00になったが、
オイラ1人以外客が居ない…('^^;)。こんなの初めてだ(笑)。
って事でバスはオイラと運転手だけを乗せて出発!途中で客が4人乗って来たので結果5人で宜昌へ。

 宜昌に到着したのがAM11:30。さてメシよりも何よりも先に火車の切符だ。コレの為にココまで来たんだし。で、外を少し歩いて道を聞きながら駅へ。…駅を発見出来たが、『宜昌』と書いてある看板が取れて外枠しか残ってない…昼だからワカッタようなものの、夜だったら絶対にワカランなこりゃ…(笑)。で、その見える看板を頼りに近づいて行くと…なんと駅は200段以上はあろうかと言う階段の上('^^;)。ヒイヒイ言いながら階段を登る。…で、宜昌の建物とかは結構キレイだったのに、駅はメチャ汚い(笑)。で、切符を買う。軟座は買えなかったがとりあえず自分の席は確保…A'^^;)。で、切符を見ると出発はPM5:50。その時間までどうするか…とりあえずトイレに入ってから宜昌の街をうろつく事に。

 地図は買わないで駅の周辺をウロウロと適当に歩くと…NETROOMを発見。寮から出発する時にNETに繋がらなくて書き込み出来なかったのでこの時間中にやろう!!って事で中に入って1時間、アチコチのwebsiteに自分の足跡をローマ字で残す(笑)。…なんで日本語FONTが無いんだよ〜(T-T)って事で何が書いてあるのか全く読めなかった…('^^;)。で、1時間経ったので会計しに行くと…2元…。上海は10元もするのに…(笑)。今後はNETROOMで時間を潰す事にしよう。

 で、次は駅を中心に歩いて来た方向と逆の方向に向かって行く…と、デパートが。漢口や宝鶏と違ってムチャムチャ立派だった。コレなら上海のと張るネェ〜。で、そのデパート内にマック(マクド)を発見!!こりゃメシと時間潰しの同時進行かぁ!?と思って近寄ってみたら…りゃりゃ?店頭だけで店内で食う所は無いの('^^;)!?…実は中にあるかもしれないから入ってみるか!!って事で中に入ってみるが…やっぱり無い('^^;)。まあイイや。中を見て回るか…って事で案内板があったので見てみる。6階に食堂コーナーが。ココで少し休もうか!って事で6Fに上がってドガっと座って日記を書く。日記を書いた後は「洛陽」から次に行く切符を買う準備。そうこうしているうちにPM3:00。その場で少し寝る…。で、目が覚めたらPM4:00。…そろそろ動くか!!って事でデパートを出て駅へ。

 駅に戻ってからその辺の食堂に入って炒飯(またか)を食う。で、食ってから30分位ボーッとする。その後PM4:55に行動開始。まずトイレに入って腹の中のモン出した後、バッグパックを返して貰い。水を購入。で…待合室に行くと…丁度乗客らしき人達が動き出している所だが…え?みんな外に行っちゃうゾ??とりあえず人の流れに着いて行くと…入り口に人が並んでる。コノ駅、入り口は外にあるのか?って事で並ぶ。さて、並んでやっと駅に入って火車へ。

 火車に乗り込んで自分の席を探す。すると…隣りと思われる中国人女性が「1人ですか?」と話し掛けて来た。どうやら席を交換して欲しいと。オイラは特に問題なかったので交換する。で、一番廊下側だったのだがちゃっかり窓際に座る(笑)。そうしたら次に中国人の高校生らしき集団が「一塊になりたいので席を交換して欲しい」と…席を換えてあげると廊下側…(T_T)。まあ、最初の席が廊下側だったんで問題無いか('^^;)。で、火車はPM5:50に発車。…で、オイラが間違えた「荊門」をPM7:00に通過するが…宜昌に決断して正解だった…コリャ絶対に座れない…('^^;)。で、その後AM0:00頃だろうか…無座の中国人がド〜〜〜ッと押し寄せて来る。コレ以上前に行けないのに「前へ進め進め」と騒ぐ。…うるさい…寝れないジャン…。結局1時間後にはその無座の中国人達はその場に座り込んで通路を占領。…トイレに行けないネェ…('^^;)。まあ、行っても席勝手に取られるから行かないけど。その為に火車乗る前にトイレに入ったんだし。で、オイラの横の通路に座っていたオヤジが凄くウザかった…(メ--)。頭モソモソ動かしたり、勝手に席の方に入って来たり、人が通る度に立ったり座ったりして痛いしウザいし…(T_T)。
で、やっとAM4:00。次の目的場所の「洛陽」に到着!!…って事で次の日の日記へ…

教訓:空調ナシで人で混み混みの硬座は寝る事が出来ない事を覚悟しよう…(T_T)。



 
8/25(土)
題名:大きな誤算

 さて、洛陽に到着したら切符を買う。…前にそのまま次の目的場所の「亳州」に直接行く火車を探す。…あった!!時刻表で探しても無かったのに…。で、出発・到着時間を調べる。PM6:00に出発でAM0:00着…強制的に1泊しなきゃイカン上にその次に上海に戻る火車がキツイ席になるネェ…。って事で予定通りに「亳州」近くの火車駅からバスで行く事に。で、切符を買うと…無座…まあ5時間だからまた扉前を陣取ればイイか…。で、地図を買って前もって調べていたホテルへ。

 資料ではドミトリールームなので同部屋の人に日本人でも居れば〜と思ってホテルに入ってチェックイン。
…へ?もうドミトリーはやってないの??…金回り悪くなったのね(爆)。
それでも適当に安いし火車駅が前でバスターミナルが横と凄く便利。とりあえず2泊の予定だがとりあえず様子見に1泊に。で、部屋に案内されると…4人部屋ドミのベッドのが(笑)。ポツンとベッド1つだけでかなり寂しく感じる…('^^;)。で、朝飯の持って来たカップ麺を作っている間に日記を書くと、AM6:30に…1時間も書いていた('^_^;)。って事で伸び伸びカップ麺を食ってから共同シャワーを浴びた後、初日に行く予定の『関林』を明日に繰り下げて、明日の予定を今日に繰り上げる。って事で今回の旅の最大の難関である「許昌」にある2つの墓探しへ。で、ホテルにバッグパックを置いて来て普通のバッグでホテルを出てすぐ隣りにあるバスターミナルからいざ「許昌」へ!

 …で、だ。AM7:40のバスに乗ったのだが、途中軍人候補生が乗って来たりして少し時間が掛かったのもあるケド…許昌に到着したのが…PM1:00!!…許昌まで5時間20分もかかった…(T_T)。こうなると帰りも心配だ…って事で洛陽行きの最終バス時刻を確認すると…PM3:30最終…。交通の時間入れて2時間しか探索時間無い…(T_T)。
とりあえず洛陽行き最終バスの切符を買ってから、一応目的の「華侘墓」「馬騰墓」を駅周辺で聞き込み。「華侘墓」の方はどのタクの運ちゃんも知っていた。と言うか後で買った地図に掲載されていた…。で、随一難関の「馬騰墓」は…運ちゃん誰も知らなかった…。「そんなの無い」と言う運ちゃんも居れば、「もう無いんじゃ?」と言う運ちゃんも。…仕方ない、今回の許昌の遺跡探索は未達成だ…(T_T)。「華侘墓」は行こうと思えば行けたが、「馬騰墓」の存在を知っていて探せないなら次回にまた許昌に来てリベンジだ…(T_T)。と考えて、メチャメチャ悔しいけど今回の許昌での遺跡探索を諦めて、とりあえず次回の為にメシと地図を買う。メシはポテチ1袋。ポテチは実はカロリー結構高いので1食はコレで。で、結局そのまままた洛陽行きのバスに乗って洛陽にトンボ帰り(T_T)。…で、ターミナル内でふと横を見たら…『亳州』と書いてあるバスが!!…予定の立て方しくじった〜(T_T)!!コレ知っていたら『洛陽→許昌→亳州』の計画立てていたのに…(T_T)。…!待てよ…「許昌→亳州」があるって事は逆も絶対にあるって事だナァ…。よし、また帰ってから検討し直しだ!と思いながらPM2:40の洛陽バスが出発。

 …結局洛陽に到着したのがPM7:00。だがしかし、今回はバス内で寝ていなかったので色々な景色が楽しめた。まずは許昌〜洛陽の間にある『少林寺』。周辺には武術学校がたらふくあった。オイラ的に実にコレはイイ事だと思う。中国人達は拳法を通じて礼儀をもっと学ぶべきだ(かなり強調)!!…でも喧嘩は出来ね〜な〜(笑)。で、次に『西遊記』で有名な玄奨(西遊記内では「三蔵法師」の名で知られる)の寺の前を通る。…コレはオイラの中国旅行雑誌にも地図にも乗ってないので流石にビックリした。最近出来たモンなのかな?で、次にその近くに何やら建物のてっぺんにスライム乗っけたインド風の建物や、山の中を通過していたのでキレイな景色が結構見れてそこそこ得した気分(でも確実に損してる)。

 で、腹減ってないけどメシ食わんと…と思ってホテルに戻る途中に、そこそこ人が入っているお店が。ココに入るか〜って事で入ってメニューを見る。…ム!いつも上海で食ってるキュウリのニンニクと胡麻油和えが!早速注文。後はナス炒めにご飯…と。で、そのキュウリが来る。…ココも食えるゾ!って事で大皿で来たにも関わらずポリポリと食が進む。で、キュウリを食い終わってしばらくしたらナス炒めにご飯が。…コレも食える!って事で前日寝てないのにも関わらず油ッこい料理が身体を受け付けた。
…旅行に来て美味い中華食ったのでココが初めてじゃ(爆)!?
…明日も来よっと。って事でホテルへ。

 部屋に戻って少しくつろいでから日記を書く。結局、今日は10時間以上バスに乗って地図を買いに行っただけだったなぁ…(/_T)。PM9:30頃から予定を組み直す事を考える。とりあえず明日はそのままで、明後日から許昌へのリベンジをするかしまいか…まあ、明日は『関林』だけなんでゆっくり考えるか…って事でPM10:00頃に眠たくなったので寝ました…。

教訓:引き返す勇気も時には必要。しっかり状況判断をしよう。



 
8/26(日)
題名:八十斤(40`c)の重み

 AM5:00に起床。…こんな時間から観光地はやってないよなぁ…って事でもう1回寝る。で、次にAM8:00に起床。起きてのんびりと準備をしていたら…掃除のオバチャンが来る。そこでオイラが「もう1泊するから」と言うと、どっかに行ってしまった…。って、掃除しに来たんじゃ無いの(笑)?って事で、AM9:00に『関林』に向けて出発!

 で、市内バスに乗って「関林廟」で下車。辺りを見回すと「関林」と書いてあるデッカイ鳥居発見。コノ奥か!って事で10分ほど歩くと…『関林』に到着!!ココが関林か!!門の前が無意味に広い(爆)!で、チケット代金20元を支払って中へ。
 中の造りは流石にしっかりしている。当陽にある「関陵」も造りはイイが、雰囲気がケッコウ違う。まあ、門構えや建物の造りは他の有名な観光地(成都の武侯祠など)と変わらないけど('^^;)。で、最初に関羽含む5人の将の像が。見た時は解らなかったのだが、後々考えてみれば…アレって『五虎将』の像だったのでは?老人1人居て張飛っぽいのが居たし…。
 次に3人での人形。関羽・周倉・関平ですな。で、コレらの所にも土産が置いてあったので見てみる。…しかし何と言うか、商売熱心と言うか、ガメツイと言うか…(爆)。で、パンフレットのような簡単なガイドブックを探していたのだが、デカいのしか置いてない…他のお店も見て回るか…
 って事で更に奥へ進むと、お墓が。…ココに関羽の首が埋葬されているのか…とりあえずお祈りをして写真。で、その墓をグルッと回って見る。墓に生えてる草木はキチンと管理してあるネェ…。でもコレ、裏回ったら見付からずに登れそうだねぇ…。まあ資料では登っただけでなく墓に自分の大切な物を埋めたファンも居たようだが(笑)。
 じゃ!周囲を見て回るか!…って事で見て回るが…特に興味をそそるモンが無かった('^^;)。って事でさっき行った所とは別のお土産屋を見て回る。…やっぱりどのお店にもパンフ位の簡単な紹介書は無いネェ…。でも、別の所から関林を紹介しているパンフが1つだけあったのでとりあえずソレを購入。で、三國志トランプも探していたのだが…置いてあったのは何故か水滸伝トランプ(笑)。…こんな事なら五丈原で買っておけば良かった…(T_T)。で、そのお土産屋でよく写真葉書きを勧められる。…実はコレって結構優秀かも…。写真禁止の所のとか乗っかっていたりするし、デジカメみたいに確認出来るから写真代わりに買ってもイイし。…そうこう考えながら葉書きを見ていたら、関羽の得物『青龍円月刀』の写真が!!危うく忘れる所だった!!って事でお土産屋を後に。
 で、意外と簡単にその刀が置いてある所は見付かった。で、とりあえず持ち上げてみよう♪
…持ち上がらない…('>_<;)。コンナ重たいモノを軽々と振り回す武将達って…(汁)。しかし!!次の中国人は持ち上げていた。次の中国人女性も…。どうやらオイラには力が無いらしい…(ToT)。で、とりあえずオイラがその槍(?)を持ち上げている所をさっき持ち上げていたカップルに撮って貰う。で、後は用事無しなので関林を出る。中に1時間位居たのかな…。

 で、帰りは途中停車ナシで駅に直に行くバスを発見。ソレに乗るとやっぱり客待ち…('^^;)。で、しばらくしたら子犬をダンボールに入れたオジサンが乗って来る。…すごくカワイイ!!その箱に入れているのが余計にカワイイ!首と手だけを出して外を眺めたり周りを見回したり…飼いたいナァ…(*^o^*)。と見ている内にアッと言う間に駅の近くに到着。で、ココからは歩いて行け!って事なので宿前まで歩く。で、そのホテルの前で…昼飯にするか。って事で昨日の夜に入ったお店へ。で、昼は魚香肉絲にご飯を食って店を出る。

 少しウロウロしてみようと思って遠回りしてホテルに行く事に。途中、麻雀牌を売っている所があった。中に入ってみる。…どの牌も日本の牌よりも少し大きい。イカサマ出来ないようにしてるらしい…。その他麻雀牌の他にトランプがあった。半エロで女性の水着姿のトランプだ。中国人にとってはコレでもエロだろ(笑)。で、その中に…見覚えのある顔が…飯○愛…あらイヤだ。あなたコンナ所まで『海外進出』してるんですか(爆)。

 さて、ホテルに戻って日記を書く。…ノンビリと書いていたらPM3:45。今後の予定を考える事にする。で、とりあえず中国地図を広げてルートを見る。…して色々考えた結果、次の目的地「亳州」で上海に帰る軟座の切符を手に入れられるかどうかで分ける事に。次の日の切符が無ければ次の次の日のを買って、許昌へ行こう!それでも手に入らなければ…バス乗り継いで上海に帰るわ(笑)。で、そんな事をしながらボーっとしていたらPM6:30になったので昼に食いに行ったメシ屋へ。今日のメシは青菜炒めにキュウリにメシ。菜食で行こう(呼び掛け)♪で、食う。…繊維モンだったので今日は顎が疲れた(笑)。で、ホテルに戻ってPM7:30頃に共同シャワーを浴びる。で、PM8:00頃に頭を拭きながらオリンピックみたいなのをやっていたので見ていて、PM8:30に日記を書いてトイレに行ってPM9:00頃には寝ました。明日はAM4:00起き…。

教訓:写真禁止の所でも聞けばOKが出る所もあるらしいが、もし写真禁止の観光地であれば絵葉書を代わりに買って行こう♪



 
8/27(月)
題名:千コオロギ万来?

 目が覚めたら…AM5:00…!!飛び起きる(洛陽出発がAM6:00)。昨日結局布団に入ってからウダウダPM11:00頃まで寝付けなかったしなぁ…。って事で出発の準備。まずはカップ麺を作ってその間に片付けるモン片付けてトイレに行ってからラーメンを食う。歯と顔に使う時間は今日は無いからイイや…。って事でAM5:15にチェックアウトして目の前の駅へ。

 で、火車では『商丘』と言う駅まで乗る。乗っている時間は5時間。比較的少ない時間だ。で、とりあえず無事に火車に乗り込める。無座だったので諦めて乗ったらすぐに扉の前を陣取ろう…と思ったら既に陣取られていた('^^;)。仕方ないので乗ったドア付近を陣取る。で、AM6:00に火車は洛陽出発。まあでも次に止まった駅でほとんど人が降りて行ったので開かない方のドアをとっとと陣取る。で、その駅から乗って来た中国人が「荷物置いてもイイ?」と聞いて来たのでOK出す。すると…荷物だけ置いてどっかに行ってしまった…荷物番ですかいオイラ(笑)。でも15分位で戻って来た。で、オイラがガッシリと場所を取っていたのでその中国人立ったり座ったりしていた。落ち着かないナァ…なんて思ったけど、座りっぱなしも疲れるか…('^^;)。で、AM10:30に目的地の『商丘』に到着したので降りる。

 で、駅を出てビックリ…結構栄えてるナァ…。で、駅の前にバスターミナルがあったのでバスターミナルへ。で、次の本来の目的地『亳州』へ行くバスを探す。…発見!しかも出発が3分後だ!って事で切符を買ってバスに乗り込む。で、中にはVCD機器があった。AM11:00にバスが出発するとVCDが動く。ム!!!カンフー映画ですか(実は好きな人)!!!見る。…サモ・ハン・キンポー主役のだった。…カッコイイとは言えないけど(笑)やっぱりカンフー映画はイイねぇ…。戦うまでの前置きはエロビデオのストーリーみたいなモンだけどさ(自爆)。で、VCDも終わったので外を眺めていたら…丁度亳州に入る所だった。で、目算で2時間掛かると思われたバスが到着したのはPM12:15…2時間掛かってない('^^;)。

 って事で『亳州』に到着!先ずは地図をGETしようと思ったが見せてくれない…じゃあそこで買わないで先に火車駅に行ってチケット買ってからにしようか…と思って歩いて行こうと思う。が、人に道を聞いてその方面にテクテクと歩いて行く。…が、一向に駅らしいモンが見える気配全く無し('^^;)。って事で仕方なくタクる事にした。…タクで1メーターで行ける距離じゃなかった…('^^;)。で、やっと火車の駅へ。

 さて、切符があるかどうか…今後の行動はコレに全て掛かってる…。って事で切符売り場に並ぶ。で、オイラの番になった。「明日のこの火車の切符の軟座はある?」「無い」「じゃあ明後日のは?」「無い」「じゃあいつのがあるの?」「無い」…予約状況を確認もしないで答えが帰って来るのでチトオカシイと思ったが、元々軟座自体が無い火車なのか?と思って「じゃあ明日の硬臥は?」と聞くと「あるある」と。…どうやら軟座が無い火車らしい('^^;)。と言うか、次の日の硬臥(簡易寝台車)が買えるとは全く思ってなかった…さすがマイナー都市(笑)。って事で次は地図だ。で、駅付近の売店に地図が置いてあったが…どうやらバスターミナルにあったのと同じだ…。って事で購入。で、地図を見る。何やら宿の客呼び込みらしいのが駅から出るまでくっついて来たが、駅を離れたら来なかった。…で、地図を開いてみる。…ココって合肥と同じで火車駅が郊外にあるのね…だからバスターミナルから遠かったのか…('^^;)。

 次にこの付近で宿を取ろう。帰りは火車だし。火車に200元も使ったので使ったので宿であまり費用掛けたくないナァ…。って事で見た目寂れたホテルに入る。でもフロントは一応ホテルらしい…。そんなに立派では無いにしろ('^^;)。で、60元の部屋で部屋を取って身分証の提示を請求されたので就学生証を見せる。…コレじゃなくてキチンとしたのは無いのか?と聞かれた。オイラがそれがキチンとしたモノだぞ!って言い張ったが全然聞きやしない…仕方なく外国人居留証を見せる。で…中国人って日本人と言うか外国人と解ると興味持つのねホント…あんまり見掛けないからだろうけど('^^;)。ってゆーかコンナ所に外国人はフツー泊まらないからか(爆)。で、部屋に案内されて部屋でくつろいで地図を見て、観光地を見付け、行く順番を決める。で、決めてから宿を出発。

 で最初に駅前にある「駅前曹操像」を写真。メチャメチャ太ってる印象が…(笑)。
 で、次いで歩いて行ける所にある「曹操一族墓」へ。…で、2元支払って中へ。…広いと言うか建物少ない…(笑)。で、正面の建物に入ろうとすると…3元請求される。…ココも古隆中みたいにセコい…で、中に入ってみれば見る所たった3箇所・しかもツマラン。
ナンダコリャ!!ボッタクリやんけ(怒)!!
…と思いながら外に出てぐるっと建物内を見て周る。ローラースケート場やらプールとかあるけど…遊びに来た訳じゃないし。1人で遊んでもネェ〜(笑)。で、更に進むと山と積まれた土が4つ。…コレがお墓なのかな?と思い、1つ1つをグルっと周ってみる。で、最後の1つにだけ登る所があったので失礼ながら登ってみる事に。…景色が良かったので写真を取り、反対側に降りてみたら…線香を立てるモンがあった…墓の上から失礼しました('^_^;)。で、そのまま歩いて行って入って来た所から出て、次の遺跡へ。
 次はその隣りにある三國志テーマパークへ。入る前に何やら城みたいな壁に蔓がまんべんなく巻かれていた。…手入れしてるのか、ワザとやってるのか…。まあ、結構感じが出ていてイイネェ…。で、最初に中に入らずにその城みたいな所に登ってみる。で、登って見回してみる。上からの眺めもイイねぇ…。で、城の後ろに迷路があった。…って、ココから指示すればすぐ迷路抜けられそうだねぇ…って、それじゃあ『風雲た○し城』じゃんかい(笑)。で、いざ中へ。…って、みんな寝ていた(笑)がオイラが入ると気が付いて照明を付けに行く(笑)。…で、三國志の色々なシーンの人形と説明(中国語なのでワカランが)と、更に人形が動く!…あんまり大したモンではないが('^^;)。で、そのシーンの中で曹操がなんか6匹の水龍を見ていて、その中から神が出てくる所が。…コレはオイラも知らないナァ…。で、テーマパークを出る。
 次に街の中心に行かなければならないのだが、歩きながらタクシーが来るのを待っているが…タクシーが通らない…と言うかほとんどの人が通らない…。まあ、人が通らない所はタクシーも承知済みでタクシーも通らないか('^^;)。で、とりあえず街の中心に向かって歩いて行ったらやっと人通りの多い所へ。そこでタクを捕まえて次の「曹操像」の前へ。…駅前のと比べてコッチの方がカッコイイなぁ…なんてったって痩せている(笑)。
 で、次に「華侘庵」へ。華侘庵の中には華侘の像と、その華侘が行った仕事等の図に、薬の種類や効能が書かれていた。…ってゆーか見ていくとコンナ物まで薬になるのか!!と言うのが多かった。身近なモンだとヘチマスポンジを粉状にしたものとか、セミの抜け殻を粉状にしたものとか…。ソコで疑問が浮かぶ。
…誰に試したのだろうか…(爆)。

で、また華侘は健康の為に体操もしていたらしく、彼独自の体操方法が書かれていた資料等がたくさんあった。そっか、合肥に行った時に華侘像の前で体操していた人が居たのはこーゆー意味だったのか…。さすが中国一の漢方の生産量を誇る街だけある!
 次に「華侘像」を探す。資料ではこの通り沿いにあるらしいケド…と思って歩いて行くと…ン?アレか?と思って近寄ってみたら堂々と道路の真ん中に飾られていた('^^;)。って事で写真。

 …さて、コレで予定していたモンは全て見て周ったワケだが…現在PM3:30…まだ早いんですが('^^;)。って事で、特に興味が無かったが「曹操地下兵道」へ。で、華侘像から南下して歩いて行く。コノ南下する道は城下町みたいになっていてとても趣があった。売ってるモンはジュースとかばっかだけど(笑)。で、その城下町らしき所を抜けたらさっきの痩せてる曹操像が…。そっか、城下町を挟んで南北に像を置いてあるのか…。
 で、その曹操像の近くに「曹操地下兵道」があった。って事でお金を払って中へ。中に入ってみると…ホントに暗くて狭い。コレだと確かに人がすれ違うのがやっとだ。しかも地下の為か時々壁が濡れているし…。まあ、電球が通ってるので暗いのは大丈夫だが、コレ無かったらマジで暗くて何も見えないぞ…('^^;)。で、地下道は少し先の所から出て来た。確かにコンナ所に2時間以上居たら気が狂いそうだ('^^;)。

 で、その地下道を出て宿までは歩く事にする。遠いけど…。で、歩きながら明日の朝食と昼食を考える。上海到着はPM10:00だから晩飯はソコから間に合うにしても朝はココ亳州で食うしかないな…。昼はカップ麺1つ残ってるから…。って事で考えながら歩いていたらスーパーを発見。入ってみるとプリングルス(ピザ味)が5.5元で置いてあった。まあ高いけど昼飯代わりだ…と思って購入。さすがに店員、高くて誰も食いそうも無いプリングルスを買っていく人と見て取って、いきなり「アンタはどこの国の人?」と聞いて来た。「オイラは日本人だよ〜」と言うと驚きの表情。…さすが亳州、旅行するにはマイナーだしね('^^;)。

 店を出て歩きながらプリングルスを食う。…さすがプリングルス。なんか通った中国人に特別視されていた(笑)。で、また練り歩いていたら賑やかな通りが。通ってみるか!って事で通過してみる。…なんか問屋街らしく、箱単位で置いてある店がほとんどだった。まあ大したモンは置いてなかったが。バッグを背負って歩いていたのが何やら中国人には目立つらしい…。で、そのまま歩いて宿に戻る。

 部屋に帰って少し休憩して日記を書く。するとPM6:30になったのでメシを食いに外へ。…さて、ドコに行こうか…とりあえず駅の方へ行って見るか…と思って駅の方に歩いて行く。…!!なんか人がいっぱい居る!栄えてる!!昼は寂れてるのに…。まあとにかくメシ屋を探すか、って事でウロウロしていたら洛陽みたいに人が入ってる店が無かったので近くの店に飛び込む。で、ココはメニューはなくて材料を見て注文してくれ、って事なので材料を見る。…青菜があるから青菜炒めは出来るな。で、茄子があったので昨日に引き続きナス炒めに。そして御飯で食う。で食ってお金を払って宿に戻る。

 で、宿に戻って日記を書いていたら宿のサービス員が。シャンプーや歯ブラシ等を持って来たのでシャンプーだけ貰って、再び日記を書いていたら…突然電話が。…れれ?オイラは宿を取って部屋についたら必ず電話回線を抜く癖を付けてるのに…。どーせ「マッサージ居るか?」って内容なのは知ってるが。って事で一応受話器を取ってみると「マッサージ小姐居る?」と。「要らん」と二つ返事で電話を切って、回線を抜く。…男1人で宿に泊まるとほとんどの所で電話来るしネェ…。で、日記を書いているとまた邪魔が。チャイムを押して来た。そこでオイラは「アンタ誰やねん!」と聞くと…ごにょごにょ言っていた。とりあえず宿のサービス員じゃないらしい。やたらとチャイムを鳴らして来るのでそのチャイムの電源を切って(部屋の中にある)扉越しに話す。…どうやらそのマッサージ小姐らしい。って事で「オイラはドア開けないよ」と言うと、スゴスゴと帰って行ったようだ…。って事でまた日記を書く。…で、少し寒いな〜と思って冷房を消して日記を書いていると…何やらドアの方がカサカサ音がする…何かと思ってみたら…コオロギ(正確にはカマドウマ)だ!しかも1匹とがじゃなく、
20匹位ウジャウジャウジャ!!!
…この度でコオロギ嫌いになった…あの船の出来事が蘇る…(T_T)。
って事で空きのペットボトルを用いてガンガン地面を叩きながらドアの下から出るように追い込む。で、ほとんどを部屋の外に追い出してから電気を消して暗くすれば来なくなるだろう…と思って電気を消して完全に追い払うつもりで居たら…また入って来る!!…明るい方がイイのかな?と思って電気を付け直して待っていたら…それでも入ってくる(T_T)。どうすりゃ追い払えるんだ…??と考えて、ふと視線に入ったのが…クーラーか!確かに昆虫は寒いのが苦手だったっけか!って事でクーラーを点ける。すると常駐していたコオロギ(しつこいようだがカマドウマ)が少なくなった!!…そっか〜、クーラーって人間用じゃなくて虫用だったのか…(違)。まあとりあえずまた1つ賢くなったゾ。で、そうこうしていたら既にPM11:30。明日は遅いケド日記を書き上げてAM0:00に寝ました…。

教訓:虫は寒いのが苦手なので、虫に困ったら空調をつけよう!



 
8/28(火)
題名:空きベッドの方が多い火車の硬臥

 目が覚めたらAM7:30。火車の出発はAM10:15。チェックアウトはAM9:15でイイとして、その間どうしようかなぁ…とゴロゴロしながら考える。とりあえずシャワーでも浴びるか…って事で最初に着替えてシャワーの準備をしてからシャワーを浴びる。何故かフロ場の中はコオロギ居ないし。で、フロに入った後に荷物の整理をする。火車の中で食うカップ麺は必ず使うので一番上に。洗濯モンは洋服入れる所に。地図は…火車駅目の前だからしまうか。って事でAM8:15に着替えと荷物の準備を完了させる。残った1時間はTVを見る。…まだ何を言っているのか聞き取れない(T_T)。で、AM9:15にチェックアウト。

 さて、朝飯を食わないと…って事で駅前をウロウロ。そこに餃子を焼いている所が。コレにするか!!と思って座って注文したら…なんかすぐに出て来た。『早いなぁ…』と思って餃子を一口。…!?パン生地??ふっくらとした所に肉はホンのチョットだけ…。餃子じゃなかった…(T_T)。でも折角だから食うか…(貧乏性)。って事で少し残してお金を支払う。すると…オイラの残したのを…鍋に戻しやがった!
再利用すんな〜('@@;)!!


 で、駅に向かうと…もうとっくに改札が始まってる!!って事で飲み物を買って中へ。すると…なんか火車が2つある。…ドッチだ?と思ってウロウロした挙句、聞いた方が早いか〜と思って聞いてから火車に乗り込む。で、自分の車輌はオイラ以外にまだ人が居ない…('^^;)。って事で自分の荷物を荷台に乗せ、鍵を掛けて自分のベッドへ。出発前になるとそこそこ人が乗って来たが…多分車輌にあるベッドの半分も埋まってないぞ…('^^;)。まあ、この車輌だけは特別か('^^;)。って事で出発前に寝る。

 で、1時間後に起こされる。切符と換票証と取り替えろと。って事で切符を渡して換票証を受け取ってまた寝る。…そしてまた1時間後に起こされる。また駅員か?!と思ってその換票証を見せる。すると何やらベラベラ話して来た。…全然ワカラナイ…('^^;)。「もっとゆっくり話してよ」と言うと、「身分証」と。…駅員じゃなくて公安だったのか(笑)。って事で居留証を見せる。すると「お前は日本人か!」と…って、居留証で解るでしょ(笑)。で、「お前が話す中国語は悪くないな!」と。…良くも無いって事ですな(笑)。まあヒアリングは悪いけど(泣)。で、身分証と換票証を返して貰ってからまた寝る。…で、1時間ごとに寝たり起きたり。で、目が覚める度に人がどんどん少なくなってくる。オイラの周囲に居る人達がまだ居るのかと思ったらもう居る様子も無いし、別の人は乗り過ごして駅員に呼ばれて降ろされたらしいし(笑)。で、おとなしくゴロゴロしながら日記を書く。…結局そのままPM10:00に上海駅に到着しました…。  


って事で第二回の旅日記も終了しました。コノ後授業に出て旅の話を韓国人にしたら
『クレイジー』
と言われました(爆)。


ココまで読んで頂いて有難う御座いました。m(_ _)m



資料提供者(と言うか勝手に調べた):
 ROVERさん:【三國志歴史紀行】
 わたわた氏・サル甘寧氏:超級!三國志遺跡紹介ホームページ《三劉》
 K.KENさん:SANGOKU-HYSTERIA